宮城県は、東日本大震災の被災者が退居したプレハブ仮設住宅の積極的な再利用を推進している。東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリントの会場候補地に県長沼ボート場(登米市)が挙がった際は、選手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)