トヨタ紡織九州レッドトルネードは、前半リードしたものの悔しい逆転負け。リーグ3位のトヨタ車体を相手に今季磨いてきた堅守で渡り合ったが、最後は地力の差を見せつけられた。  前半は2年目のRB松浦慶...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)