リオデジャネイロ五輪の重量挙げ女子48キロ級で銅メダルを獲得した三宅宏実選手(30)が4日、父親の義行さん(71)の母校の宮城県村田町村田二中を訪れ、地元の小中学生や住民計約500人を前に大会の結果...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)