広島市西区の鈴が峰小で4日、6年1組(26人)が広島東洋カープを教材に取り上げた。「言語・数理運用科」の授業の一環。25年ぶりのリーグ優勝の余韻に浸りつつ、低迷期を支え続けたファンの思いを考えた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)