剣道日本一を決める第64回全日本選手権は3日、東京・日本武道館で64人によるトーナメントで争われ、徳島県の大石洋史(徳島文理中・高教)がベスト8に入った。県勢の8強入りは1985年に準優勝した近藤亘...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)