J2再降格の重圧を振り払い、磐田は自力で残留を勝ち取った。勝利を告げる笛と同時に選手、スタッフは抱き合い、互いをたたえた。「生きてて良かった。最低限のことはできた」。苦しみ抜いた今季の戦いを終え、名...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)