東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場の見直し問題で、都の調査チームは1日、宮城県長沼ボート場を3案の一つとして提示した。同ボート場での開催の可能性は残り、県内では期待が高まってい...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)