「1票の格差」が最大3・08倍だった7月の参院選は憲法違反だとして、北海道の有権者が選挙無効を求めた訴訟で、札幌高裁(佐藤道明(さとう・みちあき)裁判長)は2日、「合憲」とする判決を言い渡した。原告側...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)