東京電力ホールディングスの広瀬直己社長は31日、東京都内で記者会見し、福島第1原発の廃炉費用が大幅に増えることが確実になったことに関し「新たな国民負担はお願いしないつもりだ」と述べ、自社で費用を捻出す...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)