右腕に先天性の機能障害がある七十七銀行(仙台市)バドミントン部の鈴木亜弥子(29)が、2020年のパラリンピック東京大会を目標に技を磨いている。世界の第一線で活躍後、一度は引退したが、東京大会の正式...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)