空手道世界選手権の男子形で個人、団体ともに沖縄県出身3選手が金メダルを獲得したことに、沖縄県内から「20年の東京五輪に向けて弾みになった」と喜びの声が上がった。県空手道連盟の照屋幸栄会長は「沖縄、日...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)