「二刀流」の存在感は絶大だった。第3戦(札幌ドーム)で大谷に2本の二塁打を浴びた黒田は「アスリートとして僕たちとは次元が違う。全てが一流というのは本来ならばありえない。ショックを受けた」と脱帽した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)