先発濃厚だった第7戦はなくなり、広島の黒田の現役生活は幕を閉じた。初めて出場した日本シリーズは札幌ドームでの第3戦に先発し、脚がつったため六回2死で降板。大谷に投じた134キロが最後の1球となったが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)