岩手県で22日から24日まで開かれた第16回全国障害者スポーツ大会「希望郷いわて大会」で県選手団は金8個、銀10個、銅12個のメダルを獲得した。金メダルは昨年の和歌山大会と同数だが、銀、銅の数が増え...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)