サッカー女子日本代表の大野忍選手(32)=INAC神戸=が29日、国際大会で着用したユニホームや制服を、ゆかりの大和市に寄贈した。父の光夫さん(65)がシーズン中の本人に代わり、大木哲市長に市役所で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)