2年連続で決勝で敗れていた悔しさをぶつけ、花園への切符をつかんだ。FW、BKが一体となった攻撃で堅守の秋田を破った。伊東真吾監督は「花園出場が懸かった決勝で力を発揮してくれた」とたたえた。  無得...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)