臨済宗相国寺派の有馬頼底(ありま・らいてい)管長ら日本の仏教界関係者が29日、空路で北朝鮮・平壌(ピョンヤン)を訪問した。訪問目的は不明。京都の金閣寺と銀閣寺の住職を兼ねる有馬氏は北朝鮮の仏教界と交流...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)