【リンツ(オーストリア)共同】空手の世界選手権第3日は28日、オーストリアのリンツで組手の団体が行われ、荒賀龍太郎(荒賀道場)らを擁した男子の日本は準決勝でドイツを下し、41年ぶりの決勝進出を果た...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)