南スーダンの反政府勢力トップ、マシャール前第1副大統領は26日、共同通信の単独インタビューに対し、同国の内戦について「政治的解決策が見いだせなければジュバが標的になる」と述べ、首都攻撃も辞さない姿勢を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)