2020年の東京五輪の事前キャンプ候補地として、宗像市を視察したブルガリア新体操連盟のマリア・ペトロバ副会長(40)が県庁を訪れ、小川洋知事に「全てが良いと思った」と評価を語った。  ペトロバ副会...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)