東日本大震災時に学校管理下で最大の津波被害を出した宮城県石巻市立大川小を巡り、犠牲になった児童74人のうち23人の遺族が市と県に計約23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁は26日、計約14億...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)