北海道旭川市の日本酒の蔵元「男山(おとこやま)」で25日、新酒の仕込みが本格的に始まった。秋から冬にかけて気温が下がると雑菌が繁殖しにくく、良い酒ができるという。3月下旬まで仕込みを続ける。一升瓶で約...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)