京浜急行電鉄などは20日、扉数が異なる車両にも対応できるホームドアの実証実験を久里浜線三浦海岸駅で始めた。列車の扉をセンサーで感知し、ホームドアが開く場所の数を変える。営業路線での検証は初めてで、動作...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)