<広島5-1日本ハム>  4点を追う九回1死一、二塁。代打の大谷翔平(花巻東高)は、広島の抑え中崎翔太の内角直球に空振り三振を喫した。「一球で仕留めたかった」と悔やんだ。  2戦目はベンチで戦況を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)