鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震は、22日も余震とみられる揺れが断続的に続いた。県災害対策本部によると、22日午後4時までに234棟の家屋が損壊し、16人が重軽傷を負った。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)