パ・リーグ本塁打王のレアードが、劣勢の中、日本シリーズ初本塁打となる豪快な一発を放ち、気を吐いた。  3点を追う七回の先頭打者として打席に立った。2ボールの後、タイミングを合わせるようにスイングを...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)