茨城県のひたちなか海浜鉄道は22日、名物の納豆をPRしようと、車内で納豆ご飯を振る舞う列車を運行した。県内の納豆生産者の組合が約150食分を用意し、2両編成の1両を「納豆食堂車」として運営。福祉事業な...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)