2020年東京五輪・パラリンピックの整備費を巡り、小池百合子東京都知事が18日に国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に手渡した資料に、都内に仮設施設を整備する費用1千億~1500億円を都が負担...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)