青森県一の食用菊産地・南部町の畑で21日、秋晴れの柔らかな日差しの下、収穫を間近に控えた食用菊の主力品種「阿房宮」の鮮やかな黄色の花が咲きそろった。  阿房宮は甘みと香りの良さ、しゃきしゃきとした...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)