環太平洋連携協定(TPP)承認案の審議を巡り、強行採決が選択肢になると受け取れる発言をした山本有二農相は21日、野党からの辞任要求について「職責を懸命に努めてまいること以外に考えていない」と話し、辞任...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)