20日に開かれたプロ野球のドラフト会議で、県ゆかりの選手2人が2球団から1位指名を受け、母校は歓喜と驚きに包まれた。夏の甲子園で、54年ぶりの優勝の中心となった作新学院高の今井達也投手(18)は埼玉...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)