「1票の格差」が最大3・08倍で実施された7月の参院選は選挙権の平等に反し違憲だとして、近畿2府4県の有権者が選挙無効を求めた訴訟の判決で、大阪高裁は20日、格差を違憲状態と判断した。無効請求は棄却し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)