2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用を検証している都の調査チームは20日、ボート、カヌー・スプリント会場の見直しについて、都内の臨海部に建設する現行計画の「海の森水上競技場」と、宮城県登米...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)