20日のプロ野球ドラフト会議の注目株には、県出身選手もいる。運命の日を待つ候補の顔ぶれを紹介する。 ◆「九州最速」の豪腕  最速154キロの重たい直球をミットにたたき込む。九産大九産高の梅野雄吾...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)