20日のプロ野球ドラフト会議で上位指名が有力視される高校生を探った。  今夏の甲子園大会優勝の原動力となった今井達也(栃木・作新学院高)は最速152キロの快速球が光る。180センチ、72キロと線は細...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)