障害者と健常者がともに歩き、走って触れ合う「第二十四回まついだ夢伝」が十六日、安中市松井田支所を発着点とする約四キロの周回コースであり、約四百人の参加者が伴走のボランティアとともに心地よい汗を流した...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)