政府は17日、天皇陛下の生前退位を巡る有識者会議の初会合を首相官邸で開いた。皇室典範に規定がない退位を実現するため、陛下一代限りの特別法の制定を軸に検討する構えで、年明けにも論点を整理し公表。国会論議...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)