若き職人・中島が決勝点を生み出した。四回、岡の二塁打で追いついた直後の一死二、三塁。カウント1―1からスクイズを敢行。きっちりと投前に転がし、三走・陽を本塁に迎え入れた。  「スクイズはあると思っ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)