3点リードの九回、「3番・指名打者」で出場していた大谷がマウンドに立った。初の抑えで球史に名を残す15球で劇的な一戦を締めくくった。  このイニングさえ抑えれば勝利が手に入る。右腕のエンジンは全開...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)