壮大な野外劇で知られる劇団「維新派」の国内最終公演「アマハラ」が14日、奈良市の平城宮跡で初日を迎え、多くのファンが駆けつけた。主宰の故松本雄吉さんをしのび、会場には、独自の道を歩んできた劇団の歴史を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)