丸川珠代五輪相は14日の閣議後の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場の代替候補地、宮城県登米市の長沼ボート場にバリアフリーの観点から問題点が指摘されている...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)