中田の執念のタイムリーも勝利にはつながらなかった。  2―2の六回。俊足の西川が三塁前に転がす絶妙のセーフティーバントで出塁。近藤が犠打で送り、ソフトバンク戦に高打率を残す大谷は四球で歩かされ、1...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)