2020年東京五輪・パラリンピックのボートとカヌー・スプリント会場の見直し問題で、東日本大震災の仮設住宅を再利用して選手村にする宮城県のアイデアが動きだした。代替地候補の県長沼ボート場がある登米市で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)