11日に閉幕した岩手国体の男女総合得点(天皇杯順位)で、広島は昨年の21位から14位に躍進した。前年を上回ったのは5年ぶり。少年男子の活躍を軸に、低落傾向に歯止めをかけた格好だ。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)