短期決戦の行方を左右する初戦のマウンドの緊張感にも、大谷の投球はぶれなかった。7回を1安打無失点。8番に入った打撃でも貢献し、「大事な試合で結果を出せて良かった」とうなずいた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)