■3回戦 若手勢い、ベテラン堂々  剣道成年男子は、準々決勝で地元岩手に敗れたが、堂々の5位入賞を果たした。稲富政博選手兼監督(県警察学校)は「チームワークの良さが入賞につながった」と長崎国体以来...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)