未曽有の大震災から立ち上がり、苦しい練習に歯を食いしばり、地元開催の重圧を力に変えて、本県選手団は踏ん張った。県勢の表彰台ラッシュに沸き、本県が目標を上回る天皇杯2位、皇后杯2位に輝いた46年ぶりの...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)