サッカーJ1ジュビロ磐田の選手12人が11日、磐田市内の小学校6校を訪れ、サッカーを通じて児童と交流した。  松井大輔選手と森下俊選手は市立向笠小を訪問した。全校児童156人は6グループに分かれて両...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)