リオの銀メダルを思い起こさせる快走だった。成年少年男子共通400メートルリレー決勝。五輪リレーメンバーでただ1人出場した県選抜のアンカー飯塚(ミズノ、藤枝明誠高出)が、猛烈な追い込みで3位に入った。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)