11日閉幕する「希望郷いわて国体」の本大会は「東日本大震災復興の架け橋」を冠称として震災被災地で初めて行われ、沿岸部では、震災遺構を訪れる動きがあった。宿泊施設などでは復興に向かって進むまちを発信。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)